お辞儀した際に腰に痛みが走る。その原因は?


公開日: 最終更新日:

お辞儀すると腰痛が!その原因は?

腰痛 先日、海外出張の多い50代男性がご来院されました。 お辞儀すると左腰に痛みが走り、うっとおしくて仕方ないとの事。

まずは身体の状態を確認

治療の前に、現在の身体の状態を観察します。

【身体の状態確認①】まっすぐ立てているか

早速、普通にお立ち頂き観察させて頂きます。 身体の中心がわずかにずれているようですが、お辞儀でうっとおしい痛みが出るほどではありません。

【身体の状態確認②】立っている時の身体の部位の位置

ちょっと気になるのが、左足首。 膝から下の脛(すね)の外側部分が少しだけ下がっているように見受けられました。

【身体の状態確認③】下がっている脛(すね)の外側部分を持ち上げて検証

下がっている外くるぶしを少し持ち上げて、もう一度お辞儀して頂きました。 「あ、大丈夫ですね・・・痛くないです(笑)」 との事でした。 このことから、腓骨(ひこつ)という骨がほんの少しだけ下がっている様です。 外くるぶしの下の隙間もやや窮屈になっています。

腰・足首・腓骨の状態確認

座って頂き、左の外くるぶし下の隙間を開けるように、足の甲を伸ばすようにご自身で動かして頂きました。 ゆっくり何度か繰り返していると、ほんの少しですがピキンという振動みたいなものが足首から腰にかけて伝わりました。 同時にご本人も「あ、今なんか分からないけど腰に響きました(笑)」とおっしゃっていました。

腰痛の原因

この方は、本格的にテニスをされる方ですので、練習中に急激な方向転換を繰り返すうちに脛の外側(腓骨)に衝撃が何度も加わり、 その結果持ちこたえられず腓骨の位置が少しずつ下がっていました。 そして筋膜を通して左腰部の筋肉等を引っ張り込み、お辞儀による痛みを誘発したのではないかと推察いたしました。 つまりお辞儀することで無理やり腰部をけん引されたということです。

施術後

再度お立ち頂き、お辞儀をして痛みがなくスッキリしたことを確認して頂き、終了しました。 その後時間をおいて確認しましたが、再発はありませんでした。

腓骨が下がっている人は意外と多い

実は、腓骨が下に下がって、なおかつ後ろにずれてしまっている状態の人は意外と多いのです。 腓骨が下がっていることで今回のように腰痛として症状が出るケースもありますが、その他にもさまざまなデメリットがあります。

腓骨のずれを改善するには?

腓骨のずれによる腰痛 腓骨のずれを改善するには、ずれてしまった腓骨を正常な位置(前方)に持ってきて、上に持ってくる必要があります。 「腓骨のずれの改善」というと、何だか痛そうと思われる方もいるかもしれません。 しかし、腓骨のずれを改善するのに痛みは伴いません。 腓骨のずれは少しの動きで改善できるものです。 足の脛や骨を強く引っ張ったり、無理やり向きを変える必要はありません。 手技でそっと正しい位置に戻すだけで改善可能です。

交通事故や運動(スポーツ)での怪我による腓骨筋腱脱臼や腓骨骨折も多い

運動による腓骨骨折 交通事故での骨折やスポーツの最中に足をひねったり骨折したりすることも多いのがこの腓骨です。 重症化すると手術やリハビリが必要になるので、腫れたり痛みが強くなったりしてしまった場合は無理に動かさず、医師の診断を受けた上で動かしてもいい状態になったら整体やストレッチと併用して治療を進めるのがいいでしょう。

身体を支えるのは足

腰が痛いから腰に原因があるわけではありません。 身体は頭の先からつま先までつながっているので、身体のどこかに不具合があると他の部位でも痛みや不具合が生じる可能性があります。 他の整体院や整骨院で診てもらっても解決しなかった身体の不具合や痛みがある場合は、その原因となる場所が他にあるかもしれません。

あいにぃ整体院なら身体全体を診て原因を判断します。

痛みや不具合があるならあいにぃ整体院へご相談ください。

腰痛でお悩みのお客様が遠方からもご来院いただく整体院です!

あいにぃ整体は肩こりや腰痛でお悩みのお客様を全額自費治療で施術しております! 自費治療だから施術できる範囲が広がり、本気で早く良くしたいお客様にご好評をいただいております。 上記のような症状でお悩みでしたら、是非一度お試しくださいませ。
あいにぃ整体に電話予約する

営業時間外でも24時間メールでご予約受付中!

10:00~20:00以外にご予約をご希望の方は以下よりご予約のお申込みをお願い致します。
メールで予約する

関連記事



カテゴリ:
タグ:,,,,,,,,,,,,,



関連記事