座って痛い、歩くと痛い腰痛 現場リポート12


公開日: 最終更新日:

50代 女性 介護職

片麻痺施設利用者さんを移乗させるときに腰を捻ったらしく、以来座っている時、歩行時に右腰が痛むとの事。

検査してみると、特に立位で右足を上げた時に痛みが顕著に出るようだ。
右膝裏に触れるだけで飛び上がるような痛みのある硬結あり。
仰向けで両足の長さを比べると右脚の方が
2センチくらい短い。
右側骨盤内の緊張もある。また、仰向けで両足を頭の方に上げてくると同じく右腰に痛みが強めに出る。

以上より、座位で右膝裏の硬結を足首等を利用して緩める。(割と気持ちよかったみたい()

それだけでも、半分くらいに痛みは減ったようだ。

でもって、仰向けで・・・実は最近覚えた()骨盤内の筋肉を緩める手技を施してみる。

これが手前味噌で恐縮だがよく緩むんだ!!()

 

はい!仰向けで両足を頭の方に上げてもらうが痛みなし(安心)

足の長さ・・・OK

立ってもらい右足を上げてもらう・・・OK

歩いてもらう・・・OK

飛び跳ねてもらう・・・OK

後は普段の動きの注意で終わり!!

 

と、いうわけで今日も絶好調です()・・・たぶん(笑笑)

 

あくまで個人の結果であり、それぞれの結果には個人差があります。

関連記事



カテゴリ:,
タグ:



関連記事